FC2ブログ

記事一覧

オイル交換

今日は、なんだかんだと忙しかったのですが、夕方、CRF125Fのオイル交換をしました。

オイル6
CRF125Fを購入してから約6カ月が過ぎて、やっと初回のオイル交換です。それぐらい乗っていないという事でもあります。ちなみに、走行距離はメーターが無いので不明です。走行時間は、約3時間程でしょうか。



オイル1
ドレンボルトのサイズは17mmで、小型バイクとしては、大きいなと思いました。ちなみに、3リッターディーゼルエンジンのハイエースも17mmで、セロー250ccは14mmです。




オイル3 (2)



今回、使ったのは、カストロールの4ストロークバイク用のオイルです。CRF125Fのマニュアルでは、オイル粘度について10W-30を推奨しています。


オイル4
オイル5
カストロールの10W-40のオイルが250cc程残っていたので、同銘柄の15W-50を加えて、マニュアルにある容量(0.85リットル)にしました。CRF125Fには、少し硬すぎるオイルですが、あまり神経質に考える事もないかなと思っています。




オイル2
今回、初めてトルクレンチでドレンボルトをしめました。



私は、DIYで車やバイクのメンテナンスをしていますが、整備作業は苦手で、よく失敗します。そこで、息子の工具(トルクレンチ)を借りて、トルク管理をしたのですが、こんな軽い締め付けで大丈夫なのかなあと不安です。




スポンサーサイト



コメント

ドレンボルト

ホンダの小排気量車の多くは、ネジ径12mmのドレンボルトで、レンチサイズは17mmですね。
トルクが掛けやすいのは緩める際にはいいのですが、締め過ぎによるクランクケース側ネジ山損傷がよくあります。
ちなみに最新のカブのオイルドレンは大きいネジ径のアルミキャップになっていて、作業性は悪くなったし、もしかしたら耐久性にも問題があるかもしれません。
ガスケットも安いアルミワッシャーから、比較的高価なOリングになって、交換頻度が下がることにも繋がりそうです。
アルミのワッシャーはまとめ買いしておいて、毎回交換することをオススメします。

締め付けトルク

Shinjiさん いつもプロの立場からのアドバイスありがとうございます。
アマチュアは、ボルトを締めすぎる傾向にあるようです。かくいう私も、ボルトやネジをねじ切った事が、何度もあります。そんな時のトルクンチですが、こんな締め付け具合で良いのかなあと感じました。

コメントの投稿

非公開コメント