FC2ブログ

記事一覧

過去への旅路シリーズ再開 その1

この4月から3年間の契約で仕事を始めたので、しばらくは長期の旅に出られなくなりました。仕方なく過去の旅路シリーズを再開します。たぶん1972年に撮影された写真で、苫小牧から静内を経て襟裳岬まで海沿いを走る黄金道路です。この写真は、昔の旅人さんに提供していただきました。現在、黄金道路という言葉は、死語になっていると思います。黄金道路の由来は、当時、莫大な費用で建設した事からとか、海岸沿いのとんでもな...

続きを読む

キューバの旅(最終回)

長らく放置していたままの「キューバの旅」の最終回です。いよいよ帰国する事となった前日の夜は、かの有名なブェナビスタ・ソシアルクラブで、楽しみました。笑顔がとてもかわいい混血美人の給仕さんにワインをついでもらいます。前回にも書いたように思いますが、現在のキューバには、人種差別がありません。先住民であるインディオ系、奴隷として連れてこられたアフリカ系、そして、征服者であるスペイン系の3種混合で、男性も...

続きを読む

旅の歌

昔の旅人さんから頂いたコメントで、歌のノートのことを思い出しました。若い頃の旅は、この黒表紙のノートを持ち歩いていました。多分、旅の日記を書くつもりで購入したのだと思います。44年前のものなのでかなり傷んでいますが、今でも折にふれ開いて昔の旅を思い出しています。旅の日記を書くはずのノートの1ページ目には、北海道の美国ユースホステル(以下YHという)で覚えた「春便=はるだより」の、コード進行付き歌詞...

続きを読む

キューバの旅 7 ワンコたち

キューバの旅の旅シリーズも、いよいよ最終編が近くなりました。そこで、ちょっと息抜きにワンコを紹介します。ハバナやサンタクララなどの街角には、飼われているようでもない、しかし、野良犬でもないようなワンコがそこかしこに生きていました。ハバナ旧市街の野外カフェに居たワンコです。観光客が飲食をしているテーブルの下で、しいて食べ物をねだるでもなく、おとなしくしています。このワンコも旧市街でウロウロしていまし...

続きを読む

キューバの旅6 サンタクララ訪問

しばらくお休みしていたキューバの旅を再開します。前回の記事がキューバ革命50周年記念メーデーでした。今回の記事は、キューバの旅第2の目的であるチェ・ゲバラの聖地サンタクララ訪問です。2009年5月3日、私たちはキューバ革命戦争での最終的な勝利を決定づけた、サンタクララを訪問しました。ハバナからサンタクララまで、バスで4~5時間程の距離だったと思います。この間は、一応高速道路が整備されていますが、路面が...

続きを読む

プロフィール

オッカイポ

Author:オッカイポ
1950年生まれです。旅・真空管オーディオ・音楽・読書・バイク等について綴っていきます。