FC2ブログ

記事一覧

トホホ

今日は寒さが少しゆるんだので、久しぶりにセローに乗ろうと思いました。

せろー1
このところ、なにやかやと忙しくて、1カ月ほどセローに乗っていませんでした。



せろー2
バイク用のズボン(若者はパンツというそうですが)と防寒用ジャケット、ブーツ、ヘルメット、グローブ(手袋)を装着して、さあとばかりに、セローのセルボタンを押すと、PPPP? バッテリーが上がってました。そこで、充電するために、まずシートを外します。



せろー3
次にサイドカバーを固定しているヘキサゴン(6角)ナットを外さなければ、バッテリーにアクセスできません。



せろー4
シートとサイドカバーを外して、やっとバッテリーが出てきました。セローは整備性がいまいちです。



せろー5
バッテリーの+側に充電器の赤いグリップをかまします。



せろー6
マイナス側は、イレギュラーな方法だと思うのですが、シリンダーヘッドボルトにかましました。



せろー8
充電器の指針は、バッテリーのヘタリ具合を示しています。6時間程は充電する必要がありそうです。



せろー7
こんな感じで、しばらく放置しておきます。




せろー10
今回、使った工具と外したナット3個です。



せろー9
退職した翌年の平成27年1月に購入してから、まる2年で走行距離はたったこれだけです。元々、退職後に日本一周する予定で用意した旅バイクなのに、これもトホホな結果です。


気ままな旅に出る日を夢みながら、いつ終わるとも知れない介護(妻が7~8割してくれていますが)の日々を過ごしています。そんなフラストレーションが、ガレージにセローがあるだけで、多少は解消します。

スポンサーサイト

コメント

オッカイボさん いはようございます。

久しぶりに乗ろうと思ったら!
『あれっ!』
バッテリー上がり、淋しいですね・・・・・・・・・・・・(^^;  
 
乗りたくても、
なかなか乗る時間が作れない、
お察しします。

寒くなれば、バッテリーに厳しいですね。
自分も注意しないと・・・・・・・・・・・・(^^;  
 

日本一周ですか・・・。

おはようございます。
自分では車中泊でも長期の日本一周は思い切ったこと
をするつもりで決行します(笑)。
それがバイクだと、宿泊は経費が掛かりますし、テント
なら荷物も多く成り大変ですね。
雨や風や設置場所を考えると、テントを使わないものに
とっては、その苦労が一番心配でしょうか。
車中泊から比べると、バイクの場合は一層の大変さ
を感じます・・・。

No title

お早うございます。

”満々の気持ちで支度して、いざ始動!”
となるべきところが、メンテの1日・・・
気持ちの持ちようですが、これはこれで充実の1日となったことだと思います。

それにしても、実に綺麗にされていますね(@_@;)
シリンダーヘッドなどは新車時のものとかわらないくらい磨かれているよう・・・

No title

小熊のプルーさん 初めまして コメントありがとうございます。
昨日は本当にガックリでした。これでセローに乗るのは、お正月休み(一応毎日が休みなのですが)になりそうです。でも、そんな事をしていたらいつになるか分からないので、今週中にはなんとかしなければと思います。
ところで、小熊のプルーさんは、WR250を所有されておられるんですね。国産オフ車では最高のバイクだと思います。また、TTR125(私も以前所有して、息子とペアでエンデューロレースに出ていました)で転倒された記事も読ませていただきました。オンでもオフでも転倒した時は、なんでこんな所でと思いますよね。お互い気を付けてバイクライフを楽しみましょう。

No title

たびいくひとさん コメントありがとうございます。
車中泊は、雨風や寒さにも強く、とりあえず宿探しの苦労もないと思います。私も軽の箱バンに小型バイクを積載して、日本一周する事も選択肢の一つかなと考えた事があります。とはいえ、若い時、バイクでの日本一周に挫折した事もあるので、何とかバイクでという気持ちです。私の日本一周の構想は、雨が降れば宿に泊まり、天気が良ければテント泊を考えています。

No title

還暦おやじさん コメントありがとうございます。
昨日はホントにガックリでした。
セローを綺麗にしているとお褒めいただきありがとうございます。実はセローを納車以来、2年間で洗車したのは1回だけです。一昨年の暮れ、四国一周した時に2日間雨に降られたので、帰宅後に洗車をしました。その後、雨の中を走る事が一度も無かったので、そこそこ綺麗に見えるのではないかと思います。でも、オフ車は汚れてナンボのバイクですから、もっとガンガン乗ってやらなければと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オッカイポ

Author:オッカイポ
1950年生まれの年金生活者です。旅の記録や、オーディオ・音楽・読書、そしてバイクレース等について綴っていきます。