FC2ブログ

記事一覧

FMチューナー

現在、我が家のオーディオソースで、一番音が良いのは、NHK-FMのクラシック番組です。
残念ながらCDやアナログレコードの音質は、FM放送と比べると一ランク落ちます。もちろん、100万円クラスのCDプレーヤーや、最高級のアナログプレーヤーならば、FM放送に負けることはないと思いますが・・・・・

アキュ1
アキュフェーズ社のFMチューナーT-109です。先日、某中古オーディオショップで、9万円台だったので買ってしまいました。でかくて立派な面構えなので、これまで使っていたデノンのFMチューナーや、現用のCDプレーヤーがとても貧弱に見えてしまいます。


私は以前からアキュフェーズのFMチューナー(中古)を愛用していました。

アキュ2
最初がT-105です。中古で5万円台だったと思います。このチューナーは、購入してから数年後に「ジリジリ」という雑音が混じってきたので引退させました。



アキュ3
次に購入したのが、T-108です。確か6万円台だったと思います。このチューナーも、数年後にクラシックのフォルテの部分で音が割れるという状態になったので引退させました。


T-108は、アキュフェーズのチューナーの中では、珍しくボディーがスリムなので気にいっていました。そこで、アキュフェーズ社に修理を依頼したのですが、修理代金が10万円ぐらいになるとか言われたので諦めました。その時のアキュフェーズ社らしくない対応には失望しました。


さて、T-109の音質です。最初に聴いたのが、NHKFMのクラシックコンサートだったので、それはそれは感心しました。ふわっとした低音が豊かに出ており、かつ音の輪郭もハッキリと聴こえます。まさしくアキュフェーズの音でした。


NHK-FMの音質的強みは、世界のクラシックコンサートのライブ録音を放送する事です。ライブ録音で、しかもCD等の媒体を通していませんから、様々な加工を施していません。当然、生々しい臨場感に富んだ音楽を聴かせてくれる訳です。


T-109の導入で、これから音の良いFM放送を楽しめるのですが、システムの中でFMチューナーがでかい顔をするのはバランスに欠けます。バランスを取るために、CDプレーヤーもアキュフェーズ社の製品にしたいのですが、中古でも20万円は下らないと思います。年金生活者には、まず無理ですね。


追記
このところオーディオの断捨離を進めていたにもかかわらず、ついつい無駄遣いをしてしまったという反省もありますが、いい音には代えられませんね。旅に出られない事へのストレスの解消だと思えなくもない今日この頃です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オッカイポ

Author:オッカイポ
1950年生まれの年金生活者です。旅の記録や、オーディオ・音楽・読書、そしてバイクレース等について綴っていきます。