FC2ブログ

記事一覧

ゲット!

過日、〇オクで、真空管アンプ用のシャーシーを落札しました。

シャーシー
ずいぶん以前に廃業した鈴蘭堂のSL-400です。このシャーシーは、サイズが400×250×60で、私が真空管アンプの理想とするプロポーションなのです。使われているアルミ材も硬質で、とても加工をしやすい物です。ただ一つの欠点は、裏ブタの取り付け方法ですが、これは何とか工夫できると思っています。



シャーシー2
このシャーシーの素晴らしい点は、アルミ板をただ折り曲げただけの、いわゆる弁当箱シャーシーと全く違う作りです。画像でも分りますが、長方形の短い部分もアルミ溶接で丁重に作られています。

私が20年前に製作したKT66PPステレオアンプも、このシャーシーを使っています。ただし、鈴蘭堂であらかじめ穴あけした物だったので、部品配置の自由度がありませんでした。

さて、このシャーシーで何を組むかですが、長年、温存してきたPX4のPPステレオアンプを考えています。

あれ?45シングルアンプは、どうなったのという声もあるかと思います。実は45シングルアンプは、シャーシー加工を済ませたものの、どうしてもシャーシー自体が気に入らず、そのままお蔵入りしています。

長年探していたシャーシーが手に入ったので、慎重に加工をして、途中で投げ出さないようにしなければと思っています。

スポンサーサイト

コメント

シャーシ

オッカイポさん、この出品を私は見ていました。欲しかったのですが、大台を超えたので諦めました。
 私は過去、このシャーシで何台もアンプを作りました。溶接構造なので価格が合わなくなったのでしょうね。製造中止が決まった時に、スズラン堂(当時ラジオデパートにあった)に行き、抗議しました。

すごいです。

トニーさん コメントありがとうございます。
スズラン堂に直接抗議したなんて、トニーさんらしいですね。
また、トニーさんもSL-400で数台のアンプを作られたとのこと。やっぱり使いやすいシャーシーですからね。
ブログに書きましたが、これからPX4PPステレオアンプ製作計画を発動します。このPX4PPを直熱管の最終アンプとしたいと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オッカイポ

Author:オッカイポ
1950年生まれの年金生活者です。旅の記録や、オーディオ・音楽・読書、そしてバイクレース等について綴っていきます。