FC2ブログ

記事一覧

卯の花の香り

先日から我が家の片隅に卯の花が咲いています。

卯の花1
白いタイプの花



卯の花2
赤いタイプの花です。卯の花の香りの印象は、控えめながらも魅力ある女性のような印象です。ユリの女王カサブランカとは真逆ですね。


卯の花と言えば「卯の花の匂う垣根に、ホトトギスはやも来りて・・・・夏は来ぬ」という歌が思い浮かびます。この歌によると、卯の花が咲くとホトトギスが鳴き、初夏となるらしいですね。

中山間地にある我が家の周辺では、先日からホトトギスが盛んに鳴いています。私の耳には「ケッキョ・ケキョ・ケキョ」と聞こえますが、聞きなし(鳥などの鳴き声を言葉に例える事)では「特許許可局」または「テッペン・カケタカ」とのことです。私の感覚では「特許許可局」の方が、より現実に近いと思うのですが、どうでしょうか。


県庁所在地とはいえ、急激に過疎化が進む地域ではありますが、自然と共に暮らすことのできる環境に、幸せをかみしめる今日この頃です。



スポンサーサイト

コメント

No title

確かに・・・
「トッキョキョカキョク」で、子供のころに鳴き声に合わせて遊んでいましたね!
「チョトコ~イ・チョットコ~イ」って鳴いていた鳥もいたような・・・

鳥に限らず、カブト・クワガタ・セミ・蝶・バッタ・カエル・コオロギなど・・・
幼馴染が段々いなくなってさびしいです。

チョットコーイ・チョットコーイ

還暦オヤジさん コメントありがとうございます。
ネット情報によると「チョットコーイ」は、コジュケイらしいですね。私はこれまで鳥の鳴き声に注目してこなかったせいか、コジュケイのチョットコーイを聞いた覚えがありません。これから、散歩の途中などで、耳を澄ませて聞きなしを感じたいと思います。
還暦オヤジさんが、幼馴染の生き物たちを懐かしむ気持ちは、よく分かります。吉田拓郎の歌「夏休み」の世界ですよね。私たちの世代の幼少期は、日本全体が貧しかった代りに、自然が豊かでした。子供たちが、山や川、海での様々な遊びの中から、色んな知恵を得たと思います。今後、そんな話も拙ブログに反映したいと考えておりますので、よろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オッカイポ

Author:オッカイポ
1950年生まれの年金生活者です。旅の記録や、オーディオ・音楽・読書、そしてバイクレース等について綴っていきます。