FC2ブログ

記事一覧

RCA  84/6Z4

およそ20年ぶりに通販で真空管を購入しました。

6Z4-3.jpg
RCAの整流管84/6Z4で、傷んではいますが、元箱入りです。
人気のない球のせいか、元箱入り新品なのに2本で2千円でした。


6Z4の類似管として、MT管では6X4、GT管では6X5があります。しかし、いずれも6Z4より少し大きな規格です。


6X4と6X5は、ヒーターの規格が、6.3V-0.6Aで、最大整流出力電流が、70mAとなっています。6Z4は、ヒーターの規格が、6.3V-0.5A、最大整流出力電流は、60mAです。


6Z4の規格は、私が所有する真空管マニュアルブックの中で、GE社発行の物にしか乗っていません。それぐらい一般的に知られていない整流管です。しかし、ST管として最小(ST12型)の可愛い球なので、私はことのほか愛着を感じます。


6Z4に着目したのは、71Aシングルアンプの製作を計画した時です。私は、整流管は出力管より目立ってはならないという思いがあります。一般的には、71Aと同じ大きさの80を採用するでしょう。でも、私は71Aより一回り小さい6Z4を選びました。


当初、71Aシングルアンプには、右端のシルバニアの6Z4を起用していました。
6Z4-1.jpg
RCAとシルバニアでは、プレート構造がまったく違います。両者それぞれ味がありますが、心なしかRCAの方が造りが良いように見えます。


さっそく71Aシングルアンプに、RCAの6Z4を挿してみました。
6Z4-2.jpg


これで、整流管、出力管、電圧増幅管のすべてをRCAで統一できました。自己満足ではありますが、真空管を愛でるマニアの心情をお察しください。




スポンサーサイト



コメント

No title

オッカイポさん、こだわることが大事ですね。安い金額で目論見が達成できた時の快感。私には最近ないのですが。

やっとゆとりが

おはようございます。コメントありがとうございました。
トニーさんのアンプ製作ペースが、すごい事になっているようですね。
私は、相変わらず71Aシングルアンプで、お茶を濁す毎日です。でも、母の部屋が空いたので、今、アンプ製作のスペースにしようと画策しているところです。とりあえず、ホコリをかぶっていた測定器を稼働できるようにしたいと思います。
トニーさんには、アンプ製作の刺激をいただいている事に感謝いたします。

コメントの投稿

非公開コメント