fc2ブログ

記事一覧

ハルキスト

村上春樹の新作「騎士団長殺し」が出ましたね。

実は、私は隠れハルキストなのです。

自分の歳を考えると、発売日に書店に並んでまで購入するのは恥ずかしいので、まだ新作は読んでいません。


村上春樹
なので、これらの作品も周囲の熱が醒めてから購入しました。


隣に「つげ義春」があるのは、私はヨシハリスト(そんな言葉があるの?)でもあるからです。


村上春樹の作品の中で「海辺のカフカ」は、私の住んでいる四国が主な舞台となっているので、一番親しみがわきます。この作品では、少年が大人になっていく過程が、胸を打つ文章で書かれています。

村上春樹は、小説家になる前にジャズ喫茶を経営していた筋金入りの音楽好きという点でも、とても共感を覚えます。そして、作品の中で語られる音楽も私の好みにドンピシャなので、もうこれはハルキストにならざるを得ないわけです。


さて、なぜ村上春樹は、毎年ノーベル文学賞候補に挙げられながら、受賞しない理由についてです。それは、村上春樹の小説が、若者にも理解しやすいからだと思います。


ノーベル文学賞受賞者の作品は、すべて難解な点が共通していると思いませんか。大江健三郎しかり、ボブデュランしかりです。大江健三郎については、その難解さを表す「大江山脈あるいは大江峠」を越えなければ、真の意図が理解できないとさえ言われていたのですから。難解な歌詞を書くボブデュランも同様ではないでしょうか。


それともう一つの理由は、世界中で売れまくっているということです。ノーベル文学賞は、受賞者の作品を、世界に広める役目もあるのではないかと思います。


そういう意味で、村上春樹にはノーベル賞は不要なのです。 


私は、この二つの理由で村上春樹がノーベル賞を受賞できないのではと分析しています。とは言え、底の浅い私の頭脳が出した結論ですから、見当違いかも分かりません。


とにかく、私はノーベル賞を取ろうが取るまいが、今後もハルキストであり続けることでしょう。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オッカイポ

Author:オッカイポ
旅・バイク・音楽・真空管アンプ等について綴っていきます。