FC2ブログ

記事一覧

今、乗りたい絶版車 その3

名車XT500のカタログを、N君から借りました。

XT500b.jpg
N君は、私に貴重なカタログを貸すと、紛失するのではないかと
心配しているようです。そんな前科があったかなあと、胸に手を
当てて考えたのですが、心当たりは無いとは言え、お酒が進むと
ちと、不安かも分かりません。


XT500a.jpg
今となっては、XT500のカタログそのものも貴重です。多気筒バイク
黄金時代にヤマハが世に問うたビッグシングルのXT500は、強烈な
インパクトがありました。


ヤマハ発動機は、とてもユニークな会社です。ナナハンがもてはやされていた時期に、あえて、650cc2気筒のバイクを発売しました。また、4気筒車全盛時代に、3気筒のGX750を世に問うという歴史を持っています。そういう反骨精神からか、時代遅れと言われかねない500cc単気筒バイクを開発したのかなあと想像します。


XT500をモトクロッサーに改造したHL500というレーサーで、世界GP選手権に出場するライダーもいたと記憶しています。現在の4ストローク・モトクロッサーの先鞭を付けたバイクであったのかもしれません。


私はXT500を所有した事はないのですが、友人のMさんが長期の入院生活を余儀なくされた時に、一時預かりという事で手元に置かせてもらった事があります。


XT500c.jpg
分厚いシートが悪路での乗り心地を保証しています。前後サスペンションも、ストロークが伸び始めた時期らしく、200mmぐらいありそうです。


乾燥重量は140キロそこそこで、36馬力を発生させる単気筒エンジンの乗り味は、まさにスパルタンでした。500cc単気筒エンジンの一発の爆発で、数メートルは前進するかのような圧倒的なトルク感には、しびれました。


XT500のエンジンは、後年、SR500・400に採用されて、現在も生産されています。私は初期のSR500を、所有した事がありますが、XT500にあった荒々しさは、影を潜めていたように記憶しています。


一時預かっていたXT500が、友人の倉庫に眠っていることは、以前にも書きました。いずれ、その友人に、XT500を長い眠りから覚めさせる事を勧めようと思っています。



スポンサーサイト



コメント

No title

40年近く前、オッカイポさんにXT500に少しだけ乗らせてもらったような記憶があります。
当時どんな感想を持ったのかもすっかり忘れてしまいましたが、もしかしたらその一時預かりの時だったのかも知れませんね。

XT500はUSヤマハからの要望で生まれたらしいですが、パリダカやロードボンバーの話と合わせて、詳しくは↓より
https://bike-lineage.org/yamaha/sr400/xt500.html

ロードボンバー

Shinjiさん こんばんは。コメントありがとうございました。
ロードボンバーで、鈴鹿8耐に出場した堀ひろ子さんは、すごい美人でしたね。彼女とコンビを組んだ男性ライダーは、現在、BMWのインストラクターをしているようですね。堀ひろ子さんが始めたヒロコノという店で、何点か用品(トランクスとか)を購入した事を思い出しました。彼女は若くして亡くなりましたが(実情は伏せますが)バイク界の永遠のヒロインです。
そういえば、徳島エンデューロ・モーターサイクル・クラブのチーム名を、1年だけヨシコノレーシングに改名したのも、ヒロコノの影響だったのかもわかりません。

ひろこの

当時、ひろこののロゴマークであるくちびるステッカーを貼ってました。
ヨシコノレーシングについてはほとんど記憶にないですが(笑)

キスマーク

そうそう、ひろこのブランドは、くちびるのロゴをあしらっていた事を思い出しました。堀ひろ子さんもご存命なら、60何歳になっていると思うと、感慨深いものがあります。
さて、ヨシコノレーシングですが、川崎選手のたっての願いで、チーム名にレーシングを付けたいという事でMFJに登録しました。ところが、当事者の川崎選手が、何らかの事情で翌年にレースに出られなくなって、たった1年で徳島エンデューロモーターサイクルクラブに戻ったのです。
当時は、渦潮レーシング、阿波レーシングなど、レーシングが流行っていましたからね。

SRのエンジン

SRのエンジンはフライホイールが大きくなってXT500と比べるとピックアップが悪くなってます。
なので大人しく乗りやすい感じに(笑)
XTではマグネシウムだった部品もアルミになったりとコストダウンも有った様です。
Mさんのが復活したら見せて下さいね🎵

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オッカイポ

Author:オッカイポ
1950年生まれです。旅・真空管オーディオ・音楽・読書・バイク等について綴っていきます。