FC2ブログ

記事一覧

過去への旅路シリーズ16 西表島編パート2

1975年の9月中旬から11月末までの約2か月あまり、西表島の民宿カンピラ荘ですごしました。

滞在期間中には、島のあちこちに出かけました。その最たるものは、西表島横断の1泊2日の旅でしょうか。カンピラ荘で長期滞在していた仲間7人で、決行したのです。

当時の西表島は、カンピラ荘のある西部地区と東部地区の間は、道路でつながっていませんでした。ですから、西部地区から東部地区に行くには、いったん石垣島に戻り、再び船で行かなければなりません。もう一つルートは、西表島のジャングルの中を横断する方法です。西表島横断の道は、まさしく獣道のようなルートで、これまで何人も行方不明者が出ています。
西表島 横断出発
横断前の記念撮影です。横断メンバーの両脇の女性は、香川県丸亀市から来て、カンピラ荘に泊まっていた方です。普通のOLさんが、当時は高速船もなかった西表島に来たのですから、相当な旅の強者だったんでしょうね。




85年西表島横断1
浦内川を船でさかのぼって軍艦岩まで送ってもらい、カンピラ滝まで来ました。この辺りは何度も来ているので、まだ余裕があります。

カンピラ滝の上流からジャングルに入ると、もう気持ちの余裕も無くなり、全員が小走りで駆け抜けました。



85年 西表横断2
ジャングルの中を約6時間歩いて(ほとんど走っていました)やっとのことで、東部の古見部落に出ました。全員疲労感と達成感に満ちた顔をしています。



横断中の写真が無いのが残念です。なにしろ横断中は、疲労と暑さに加えて、ヒルに血を吸われたり、何かに追われているような気持ちで、写真どころではなかったのでしょう。


東部の民宿(名前を忘れました)で、1泊したのですが、ここで思いがけなく美女の出迎えを受けました。
西表島 東部の民宿
なんでも、その年に開催された沖縄海洋博でコンパニオンをしていた女性たちです。横断した一行は、美女たちに囲まれながら美味しいお酒を飲みました。




さて、東部からの帰りです。再びジャングルの道をたどるのもつまらないので、道の無い海岸線をたどることにしました。
西表島東部から帰る


干潮時の海岸線を歩きます。疲れて杖をついているのは、寿司職人の方です。この方にカンピラ荘で寿司パーティをしてもらったのは楽しい思い出です。東部の民宿で出会った女性を口説いて、一緒に西部まで歩いて帰りました。皆さんひざ上まで濡れていますね。

帰りのルートは、干潮時に海岸線を歩くので、これも時間とのたたかいでした。帰りも6時間以上は要したと思います。最後は潮が満ちかけてきたので、腰近くまで海水に浸かりながらマングローブ林の中を歩いて、西部の船浦までたどり着きました。



パイン畑2
東部から一緒に歩いて来た女性と、おじいのパイン畑にて。
確か彼女はカンピラ荘に3~4泊したと思います。西表島も11月になると季節風が吹き出して、けっこう寒かったように記憶しています。私は下は短パンですが、上はセーターを着ています。それにしても私の足短いですね。となりの女性は、私より10センチは背が高かったと思います。



次回もカンピラ荘の楽しい思い出を書こうと思います。
スポンサーサイト



コメント

No title

オツカイポさん、安いところばかりに滞在されたのでしようが、資金は底をつかなかったのですか。滞在中にバイトをしてたとか?

西表

こんばんは。
毎回、楽しく拝見してます。
大好きな西表が登場したので出てきました。(笑)
マヤグスクの滝へ行った時も蛭さん虻さん蚋さん攻撃にあいました!
昔も今も変わらずですね。
オッカイポさんと出会って、17歳に作ったアンプ用にと12AX7の高信頼管を頂いたのも西表ですね。

No title

トニーさん コメントありがとうございます。
そうですね。カンピラ荘の長期滞在者たちは、南洋土建(すごい社名でしょ)で、アルバイトをしていましたね。でも、私は貯金を食いつぶす旅でした。そのころ、カンピラ荘では、南洋土建に努める人たち専用の部屋がありました。題して土方部屋です。ヘルパーのAちゃんが作ってくれるAちゃん弁当を持って、土方仕事に精をだしたものです。私も健康であれば、南洋土建でバイトをして、Aちゃん弁当を食べる事になったと思います。実は11月下旬に喘息の発作が出て、涙ながら西表島を去らざるをえなかったのです。もし、そうしていたら、西表島に永住していたかも分かりません。
今後ともよろしくお願いいたします。

No title

サラさん お久しぶりです。コメントありがとうございます。
私はマヤグスクの滝に行った事がないんです。死ぬまでには、ぜひぜひ行きたいと思っています。カンピラ荘のYちゃんは元気にしているようですね。また、西表島でお会いしたいものです。今後ともよろしくお願いいたします。

No title

西表島では上原地区よりもう少し奥にある民宿に泊まりました。カンピラ滝はゆきましたがそれより奥にはいっていません。おなじ民宿の人たちと手漕ぎボートで川の河口まで行きそこから藪道を歩いて滝を見に行きました、ハブの恐怖が先に立ち草むらでガサと音がするたびドキツとしました。オッカイポさんはハブには出会わなかったですか。銀ネムの木が多かったことも印象に残っています。

ハブよりヒル

昔の旅人さん コメントありがとうございます。
西表島を横断する時も、ハブは一度も見ませんでした。それよりもヒルに参りました。八重山のハブは毒性が弱いとかで、私はあんまり気にしなかったですね。現にカンピラ荘の長女が、子供の頃に噛まれたけれど、血清を打って事なきを得たということを聞いていましたので。

コメントの投稿

非公開コメント