FC2ブログ

記事一覧

過去への旅路シリーズ17 西表島編パート3

1975年の秋に、2カ月余り沈没したカンピラ荘の日々です。


西表島でしか食べられない食材 その1 ヤシガニ
IMG_0020.jpg
ヤシガニです。ゆでて食べます。ヤシガニという名前ですが、ヤドカリの仲間だとか。ヤシガニは、主にアダンの実を食べているそうです。そのせいなのか、カニというよりも豚肉の脂身を連想させるような濃厚な味でした。脂肪分がとても多いので、食べ過ぎるとおなかを壊します。


西表島でしか食べられない食材 その2 カマン=西表イノシシ
西表猪
カンピラ荘のおじいが罠で獲ったイノシシです。クバの枯れ葉で毛を焼いています。


イノシシの毛を焼く
毛を焼いた後、ナタで残りの毛をそぎ落とします。西表島のイノシシは、内地のイノシシに比べてずいぶん小型です。


75年 猪の処理
カンピラ荘の長男さんと次男さんが、残った毛の処理を手伝っています。



西表イノシシは、刺身・骨付き肉の煮込み・カレーなどにして頂きました。中でもポン酢で食べる刺身は最高でした。後々、イノシシの生肉は、寄生虫がいるので、熱を通して食べた方が良いと聞きました。でも、あれから40年過ぎても、なんともないので大丈夫だったようです。


その他、西表島でしか食べられない食材として、パパイア(まだ青いのを、刺身のつまにしたり、みそ汁の具にします)・シャコ貝・夜光貝・ガザミ(マングローブガニ)・色とりどりの魚などなど、美味しい食材がたくさんありました。



次回も西表島編パート4を記述します。

スポンサーサイト



コメント

No title

オツカイポさん、ヤシガニは食べて見たいですね。ところで、この頃は若い女性と浮いた話はなかつたのでしようか。

No title

トニーさん いつもコメントありがとうございます。ヤシガニは、とても美味しいのですが、その食べ物によって毒性を持つらしいです。この辺りのヤシガニは、〇〇を食べているので、毒があると地元の人から聞いたことがあります。〇〇については忘れたのですが。
若い女性とのロマンスについては、お会いした時の酒の肴にでもお話させていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

非公開コメント