fc2ブログ

記事一覧

隠岐諸島の旅 パート2 その4

ポートインさかいみなとで1泊して2日目、隠岐諸島行きフェリーの発着する七類港に移動しました。

西2 (2)
午前9時30分発のフェリー「くにが」です。船名の由来は、これから渡る西ノ島の名所「国賀海岸」です。


西1
バイクは手荷物扱いです。西ノ島の別府港まで、人車合計7250円でした。前回5月の隠岐諸島の旅では、フェリー料金は適正価格ではないかと書きましたが、今回は高いなあと感じました。この心の変化は、分析できていますが、ここには書きません。


西4 (2)
船内作業の方が、しっかりと固縛(コバク:ロープで固定する事)してくれます。フエリーの乗船券を購入する時に、固縛同意書を提出するのです。


固縛作業は、オートバイや自転車をロープでしっかりと固定します。そのため、どうしてもロープの跡が、シートなどに付く事があるのでしょう。そうした、ちょっとした事にクレームを付ける人がいたのだろうと思います。


私なんかは、元港湾労働者ですから、そんな事は当然だと思いますが、世の中には色んな人がいるので、固縛同意書を取るようにしたのでしょう。


西3 (2)
フエリー「くにが」は、順調に西ノ島を目指します。波もほとんど無く、気持ちの良い航海でした。広い2島船室で横になってウトウトしたりして、昨日の疲れが取れました。


西5
12時過ぎに西ノ島の別府港に降り立ち、まず、港のすぐそばにある黒木神社を見学しました。


西6 (2)
黒木神社は、西暦1332年に鎌倉幕府により、西ノ島に流された後醍醐天皇が、1年間過ごした場所です。


西7
後醍醐天皇が、亡命政府というか仮御所とした場所は、この石段を上がっていった小高い山にあります。


西8 (2)
ここが仮御所あとです。およそ、15メートル×10メートル程と思われる場所でした。後醍醐天皇は、こんな狭い場所で1年間過ごした後、島を脱出して鎌倉幕府を倒したそうです。


西10 (2)
この日は、島内唯一と思われるスーパーマーケットで、菓子パンと飲み物を買ってお昼ご飯にしました。


以上、西ノ島の1日目前半のレポートでした。この後、西ノ島の1日目の後半を記述します。







スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オッカイポ

Author:オッカイポ
旅・バイク・音楽・真空管アンプ等について綴っていきます。