FC2ブログ

記事一覧

餓鬼仏 ガキボトケ

私の息子は、森林組合に勤めています。いわゆる山林労働者です。山の仕事は危険な作業が多く、無事に家に帰ってくると親としてホットします。



息子の弁当箱を洗っていると、いつも一口だけご飯を残しています。
RIMG1678.jpg
息子に「なんでご飯を残すのか」と聞いたところ、「餓鬼仏のため」という返事でした。

さらに、息子は山の先輩から聞いた話をしてくれました。「山で餓死した人間の魂が、成仏できずにさ迷っており、それを餓鬼仏という。山仕事をしていると、まれに餓鬼仏に取りつかれる。取りつかれると急に体から力が抜けて、歩くこともできなくなり、山から帰れなくなる。その時、一口だけ残した弁当のご飯を食べると、餓鬼仏が去り山を下りられる」まるで民族学者の柳田国男か宮本常一の世界ではありませんか。


迷信のようでもありますが、これは山歩きをする人たちが言うところの「ハンガーノック」という症状と思われます。それを餓鬼仏という言い伝えとして残してきた山の先輩方のお世話になり、我が息子は日々成長しているようです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント