fc2ブログ

記事一覧

MJ誌を見て思う

ラジオ技術誌が休刊になったようです。MJ誌の最新号です。

自作系マニアのバイブルの一つであったMJ誌(旧名無線と実験)は、高価なケーブルや怪しげなアクセサリー類の特集をするなど、ステレオ・サウンド化して、生き残りを図っています。

オーディオやアマチュア無線、それも自作を中心としたマニアは、今や絶滅危惧種です。そんな時代を反映してか、数多の技術誌が廃刊となりました。

ただ救われるのは、MJ誌の2023年1月号で、久しぶりに富士商会の広告が掲載されていた事です。真空管販売の富士商会と言えば、太平洋とともに秋葉原の老舗だったと思います。

富士商会は、ウナギの寝床のような店舗でした。詩人でもある店主が、オープンリール・テープをソースにして、2A3Wシングルアンプでワーグナーを聴いていた事を思い出します。

私は、店主から詩集と真空管ソケットを購入しました。詩集には、娘さんとの切ないやり取りなどがつづられていて、どうして真空管屋のオヤジになったのか不思議でした。代替わりしたようですが、今も存続している事を嬉しく思います。

近いうちに、アンフェノールのUXソケットでも購入してみようかな。



スポンサーサイト



コメント

富士商会

こんばんは。

先日、富士商会さんにUV211ソケットの件でメールしたところ翌日に丁寧なメールがありました。
特売真空管お安いですよね。

ラジオ技術の元編集者のツィッターで、
筆者・読者の高齢化に伴う「デジタルアレルギー」等により、読者(発行部数)の減少は限界まで来ている。
との呟きが私の中で残りました。

トランジスタ技術1月号は700号記念です。
広告がすくなくなりスリムになりましたね。

Re: 富士商会

Saraさん おはようございます。コメントありがとうございました。

1970年代~80年代までは、R技も頑張っていたと思いますが、休刊は残念ですね。R技とMJでは、出版社の力が違い過ぎるのが、休刊の要因かもしれません。それにしても、MJ誌もつまらなくなりました。
ところで、Saraさんはトランジスタ技術も購読されているんですか?

Re: 富士商会

追伸です。
富士商会は真空管ソケットの在庫が豊富ですね。さすが老舗だと思いました。

トラ技

おはようございます。
記事内容を見てから(本屋で立ち読み)買ってました。
トランジスタ部品関係広告が多く掲載されてましたが真空管の広告ちらほらあり秋葉原詣でした頃も(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オッカイポ

Author:オッカイポ
旅・バイク・音楽・真空管アンプ等について綴っていきます。